• カテゴリーから探す

SAIBOU PARK(サイボウパーク)

【受注生産】ツバメエアクリーンテント TAC-001-ST 発熱外来 PCR検査

1,694,000(税込10%)

発熱検査外来や、PCR検査、要配慮者の保護にお使いいただけるテントです。病院や自治体、避難所の運営などでご活用ください。CDC(アメリカ疾病予防管理センター)のガイドラインに準拠した排気・換気性能を備え、テント内の気圧を陰圧・陽圧どちらにも切り替えられるので、空気感染ウイルス拡散防止または感染防止効果など、場面に合わせたご利用が可能です。設営・撤収は少人数でかんたんに短時間のうちに行えて、フレームレスのため収納時にはコンパクトに保管できます。

※こちらの商品はご注文をいただいてからの生産となります
※ご注文後、納期についてのご連絡をさせていただきます

商品説明

かんたん設置で信頼のCDC準拠性能

テント内気圧を陰圧・陽圧どちらにも変換できる

CDCガイドラインに準拠した性能

付属ブロワーでラクラク時短展張


発熱検査外来や、PCR検査、要配慮者の保護に使えるテントです。フレームレスなのでコンパクトに収納でき、設置のために工事などを必要としません。付属のオートマティックエアブロワーの電源を入れて、約10〜15分で自動展張。水を入れて使用するウェイトは、収納時にはコンパクトに折りたためます。設置も撤収も、少人数であっという間に完了します。

テント内の気圧を陰圧・陽圧どちらにも変換できるので、空気感染ウィルス拡散防止または感染防止効果など、場面に合わせた利用が可能。テント内にはコンセントプラグもあるので、状況に合わせて様々な機器をご利用いただけます。

HEPAフィルター(※)付き陰圧装置を通した排気、陰圧室内の換気は12回/時間以上、室内空気圧の圧差は2.5Pa以上とCDC(アメリカ疾病予防管理センター)のガイドラインに準拠しています。高温(80℃)〜低温(−20℃)の環境下でも使用可能。薬品などの耐性にも優れた防炎生地(認定番号F-06032)を使用しているので、利用場所を選びません。入り口幅は車椅子が通れるJIS(日本工業規格)に定められている120cm。入り口の高さは180cmでスムーズな出入りをサポートしてくれます。


※高機能HEPAフィルターユニットとは、空間を陰圧室に変えることを可能にする装置のことです。病院や介護施設などにおいて、感染症の2次感染のリスクやクラスターの発生リスクを低減させるためには、ウイルスや病原菌などが外に漏れない「陰圧室」の設置が有効ですが、通常、陰圧室の設置には大規模な改築と多大なコストがかかります。簡易陰圧装置を利用することで、工事の手間なく費用大きく抑え陰圧室を作り出すことが可能になります。高機能HEPAフィルターは宇宙航空分野でも利用されている空気清浄技術で、インフルエンザや新型コロナウイルスなどを含む99.9%以上の粒子(0.1μm)を捕集します。

サイズ3000×3000×H2200㎜
外寸4200×3000×H2800㎜
収納時サイズ700×700×600㎜
重量約40kg
構造二重膜構造(空気充填による自立体)
素材基布:ポリエステル/表面:PVCフィルム
カラーホワイト/シルバー全2色(内幕はホワイト、床面は外幕と同色)
シート強度
(引張強度)
508(N/3cm)窓を閉めた状態で
耐風圧性9.8(Kpa)
内部吊り下げ荷重
(室内バンド部)
10㎏/1箇所以下
備考オートマティックエアブロワー
使用電力:単相100V、40W(57VA)電気代:¥24/日程度(24時間運転、¥25/kWhの場合)
付属品殺菌HEPAフィルターユニット
オートマティックエアブロワー
ウェイト(10kg×2ケ)

免責事項

当サービスでは、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合などにより、販売中に商品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料、原産国など)が告知なく変更され、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報が異なる場合がございます。
ご使用前には、お届けした商品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどを必ずご確認ください。

カテゴリーから探す

おすすめ商品

すべての商品を見る

特集

一覧を見る

商品レビュー

総合評価

この商品のレビューはまだありません。

0.0 / 0件のレビュー